自営業・フリーランスの方が住宅を購入した方がいい理由とは?

昨今は、働き方の多様化により自営業やフリーランスの方が増えてきています。
始められて間もない方にとっては事業も不安定の為、なかなか購入に踏み切れない方も多いかと思います。
自営業やフリーランスの方々はそもそも転勤がない為に住宅購入に向いている方とも言えるのですが、それ以外にも住宅を購入した方が良い理由がたくさんあるのです。
少し整理してみましょう!

キャッシュの有効性が高い

・住宅ローンと家賃の支払いの違い
賃貸はもちろんのこと、購入をしたとしても住宅ローンを組めば毎月の支払いがあるのにはどちらも変わりがありません。
しかしながら、大家さんに毎月支払っている家賃は単なる消費に過ぎないので、支払った分はあとから取り返すことができません。
毎月支払っている家賃って冷静に考えてみると割と気前の良い出費ですよね。。
一方で住宅ローンの場合は、毎月元本を支払うたびに純資産が増加していきます。
また、住宅ローンは「完済」という支払いのゴールが決まっており、支払いの余裕のある時に多めに繰り上げ返済が出来るなど、返済方法をアレンジできるのも特徴の一つです。
・住宅ローンと事業ローンの金利の差
事業を継続していくにあたって、事業資金の融資をされている方も多いことかと思います。
一般的に事業融資の金利と住宅ローンの金利を比較すると、事業融資の金利の方が高いケースが多いですよね。
住宅ローンは、不動産を担保に借り入れが出来る分、金利が安く抑えられるほかに諸経費分やリフォーム代も住宅ローンの金利で借り入れできるメリットがあるのです。
・家賃は経費で落とせるから有利..!?
個人事業主の方の多くの方は、支払っている家賃の一部が経費で落とせることによって、購入に対してのマインドが上がらない方もいるようです。ただこれは、減税の効果分以外は単なるキャッシュの逸失でしかありません。
一方、住宅ローンで購入することによって、物件によっては住宅ローン控除などの税制優遇制度によって、所得税、住民税が軽減できる可能性があるのが住宅購入のメリットとも言えるでしょう。

デフォルトへの備え

事業を行っているかたにとっては、常にリスクと隣り合わせです。
家族をお持ちの方にとっては、ご家族を守るために保険を充実させたりなど、万が一のための備えをしている方も多いかと思います。
そんな方々にとっては、購入することによってリスクヘッジできるメリットがいくつかあるのです。

・団体信用生命保険
住宅ローンを借り入れた場合の大きなメリットである団体信用生命保険は、銀行で借入する場合には通常住宅ローンの金利に保険料が含まれています。(フラット35の場合は任意加入)
これがあることにより、現在加入している生命保険を見直して毎月の支払いが減額できるケースもあるのです。
団体信用生命保険についてはこちらの記事もどうぞ
・支払い不能になった場合
賃貸でも住宅ローンによる購入でも、毎月の支払いが滞った場合には、その状況が続けば住み続けることは出来ません。
基本的にはそうなる前に転居(売却)するなりの対処を考えれば良いのですが、そこに住み続けた場合には、売買でも賃貸でも共に督促から始まり、明け渡し請求、最後は強制的に立ち退かざるを得ないことになります。
そのスピード感からすると、購入している場合は住み続けれる期間も一般的に長く、競売完了してまもなくまでは住んでいられます。
その前にも任意売却やリースバックなど、いくつかの方法が考えられます。

資産を手にすることができる

・与信枠が広がる
不動産を所有することにより、事業資金調達時の与信枠が広がる可能性があります。
所有する不動産に2番抵当を設定することにより事業資金の借り入れがスムーズにできる場合もあるのです。
・自分年金として
個人事業主の方は国民年金の為、将来いただける年金の額は厚生年金加入者と比べて3分の2から半分くらいになってしまいます。
定年が無いのが強みとも言えますが、年金だけで毎月の家賃を支払って暮らそうとすると、かなりのキャッシュを持っていないと不安な老後を過ごさなくてはいけません。
仮に不動産を所有していれば、住宅ローン終了後は家賃がかからない分助かりますし、仮に住宅ローンが残っていても自宅を貸してもっと安いところに引っ越せば、家賃収入と返済額との差額が年金変わりとなってプラスすることも可能です。
・多様性がある
所有している場合は、賃貸に出したり単純売却の他にもリースバックやリバースモーゲージなど選択肢が複数あるのが強みです。
また、相続が発生した時にも不動産での相続は、現金で残すよりも相続税の軽減につながるため効果的です。
結果的には、残されたご家族への安心にもつながるのです。
・自分好みにカスタマイズできる
賃貸物件と違って物件を購入した場合には、自分好みの空間や間取りにリフォームすることも可能です。
コロナの影響により、一般の会社勤めの方々も予想もしなかった在宅勤務の時間が増え、ワークスペースを確保するためのリフォーム工事やお住み替えの需要が増えています。
そもそも自営業・フリーランスの方々は、ご自宅でお仕事をなさってる方も多いかと思いますので、自由度の高い購入物件は有利とも言えるでしょう。

最後に

もちろんこれらは全ての方にあてはまるわけではありませんが、将来的に住宅購入を考えている方にとっては、それに向けた準備を早めに行っておくことが大事です。
住宅購入に関しては様々なメリットがありますが、もちろん安易に考えるべきものでもありません。
自営業者やフリーランスの方にとっては、年収を抑えている方も多いので住宅ローンの借入時のハードルは高く、優遇金利も受けにくいのも事実です。
それでも今は超低金利で、自営業の方でも借りやすいフラット35などもありますし、住宅取得に対する税制優遇などの制度が活用できるメリットがありますので、住宅ローンに強い不動産会社をお選びすることをお薦めします。
ただし、低金利も含めてこれらの税制優遇は、この先必ずしも続いていくものではありませんので、住宅購入をお考えであれば早めの準備が大切だといえるでしょう。

今回の新型コロナウィルス拡大による消費の低迷など心理的により、一層購入に対して後ろ向きになる方もいらっしゃると思います。
逆を言えば、今後銀行側も貸出リスクを軽減させるために、住宅ローンの審査を厳格化したり、フルローン(自己資金0)による購入がしづらくなる可能性も十分考えられます。

いずれは住宅購入をとお考えの方は、ぜひ一度ご相談いただければと思います。
専属するファイナンシャルプランナーとともに、皆様にあった最適なご提案をさせていただきます。
もちろん相談は無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

お問合わせ

個別相談会に参加する

関連記事

  1. ホテリエだった20代女子が不動産会社に転職して初めて知った、不動産に関するあれこれ。 file.15

  2. 長屋の暮らしイメージ

    江戸の長屋暮らしに学ぶ、深川の“まち”に暮らすということ

  3. ホテリエだった20代女子が不動産会社に転職して初めて知った、不動産に関するあれこれ。 file.16

  4. 深川めし

    「深川めし」が食べたい!清澄白河・門仲など深川エリア駅近の地元民オススメ名店22選!

  5. 中古マンションを検討する前におさえておきたいポイントとは

  6. ホテリエだった20代女子が不動産会社に転職して初めて知った、不動産に関するあれこれ。 file.12

  1. コースで味わう本格鳥割烹の店 < 焼き鳥 葉〆(はじめ)>|富岡

    2020.11.27

  2. お金のプロ(ファイナンシャルプランナー)から学ぶ 賢い住宅購入術

    2020.11.08

  3. FPによる無料ライフプラン特典付き!!初めての不動産購入相談会

    2020.11.08

  4. 【完全予約制】相続全般に関する無料相談会|深川相続遺言相談室

    2020.11.07

  5. 『ウィズコロナ時代への備え』深川周辺の個人オーナー・フリーラン…

    2020.11.07

  1. 深川に住みたい女#5 私が深川に住みたい理由その④

    2019.07.29

  2. のらくろード商店街

    深川に住みたい女#2 私が深川に住みたい理由その①

    2019.07.08

  3. 深川から見た隅田川

    深川に住みたい女#8 女、住処決定⁉

    2019.09.02

  4. 深川に住みたい女#6 女、深川で家を探す。

    2019.08.05

  5. 深川に住みたい女#4 私が深川に住みたい理由その③

    2019.07.22

公式Twitter