中古マンション購入時の決済に関する素朴な疑問にお答えします!不動産売買Q&A【お引渡し・決済編】

Q.

中古マンションを契約した後の「決済」とはどのような流れで行うのですか?

A.

決済(物件のお引渡し)は不動産会社の事務所もしくは銀行などの金融機関で行うのが一般的です。当日は、売買金額の残代金の支払いと所有権移転登記、物件の引渡しを行います。
所有権移転登記の手続きに必要な書類を準備したのち、登記を代行する司法書士に必要書類を渡して登記申請を依頼します。
司法書士による書類の確認完了後に住宅ローンなどの融資がある場合は、金融機関から買主様の口座に、一旦融資金が入金されます。
売主様に残代金及び固定資産税等の精算金をお支払い後、鍵のお引渡しを行い、完了となります。

Q.

決済当日はどのような資金が必要ですか?

A.

残代金の決済時には、一般的に以下の費用が必要となります。
・売買残代金(手付金を差し引いた残金)
・固定資産税、管理費等の精算金(引渡し日において日割精算)
・登記費用
・仲介手数料(残金)
・ローン諸経費
・火災保険料等

Q.

決済当日に持っていくものは何ですか?

A.

決済当日には以下の書類等が必要となります。
・印鑑(共有名義の場合は各々)
・住民票
・印鑑証明書(発行日から3か月以内のもの)※融資利用の場合
・預金通帳・銀行届出印(住宅ローン利用の場合)
・本人確認書類(免許証・パスポート等)
※住民票、印鑑証明書は前もって新住所に変更していただく場合があります。

そのほかの疑問もお気軽にご相談ください!

お問合せはこちらから

【書いた人】柴田 光治

株式会社トラストリー 代表取締役
リフォーム不動産深川studio 代表|深川くらし相談所 所長

宅地建物取引士、2級ファイナンシャルプランニング技能士、公認 不動産コンサルティングマスター
一般社団法人不動産エージェント協会 既存住宅流通活性化副委員長
不動産業界歴35年以上。上場不動産会社在籍中に執行役員として売買事業を統括し、主に不動産流通に関わったのち、複数の不動産会社役員として従事する。
50代で今の会社を立ち上げ、地域密着型の不動産会社としてお客様に寄り添ったわかりやすい提案を身上とする。自らも築20年の自宅マンションをリノベーションした経験を持つ。

関連記事

  1. ホテリエだった20代女子が不動産会社に転職して初めて知った、不動産に関するあれこれ。 file.16

  2. 子育て環境と住まい探しのポイント 第四話「マンション専有部と共用部」

  3. 「中古マンション+リノベーション」で資産価値を維持するには?

  4. 失敗・後悔しないリフォーム・リノベーションのポイント

  5. 【江東区深川の子育て事情①】保育園の待機児童数

  6. 個人事業主・フリーランスなど自営業の方が住宅を購入した方がいい理由とは?

  1. 管理組合向けコラム③『マンションの大規模修繕について』|深川たて…

    2024.03.02

  2. 【リノベーション個別相談会】3月4日、16日、24日開催|深川くらし…

    2024.02.29

  3. 【住宅購入相談会】3月10日、17日、25日開催~初心者でも安心!マン…

    2024.02.29

  4. 【深川エリア×新築マンション探訪】#4 ザ・パークワンズ深川門前仲…

    2024.02.29

  5. 「新築」と「中古マンション+リノベーション」を比較!どっちがお…

    2024.02.26

  1. 深川に住みたい女#1 prologue

    2019.06.30

  2. 深川に住みたい女#5 私が深川に住みたい理由その④

    2019.07.29

  3. 深川に住みたい女 番外編《フカメシ》file no.1

    2019.07.12

  4. 深川に住みたい女#4 私が深川に住みたい理由その③

    2019.07.22

  5. 深川の親水公園

    深川に住みたい女#7 女、反抗期になる。

    2019.08.19

公式Ⅹ