初めての中古マンション購入・リノベを失敗しないためのポイント第三話「物件選び」

「初めての中古マンション購入・リノベを失敗しないためのポイント」シリーズ連載の第三回目は「物件選び」について考えてみましょう。

物件選びのポイントは、立地・設備・間取り・価格・新築/中古・・・などお客様のライフスタイル・ライフステージに沿って住まう人の数だけあるといっても過言ではありません。

特に近年は新築・中古共に物件価格が高騰しているため、実際に検討する前の段階で価格と予算の兼ね合いで断念されてしまうケースや大幅に条件変更を余儀なくされるケースが増加しています。お客様の実現したい住まいの理想とご予算、希望エリアの価格動向の把握が欠かせなくなっています。

そこで今回は、新築/中古マンションの比較を通じて物件選びのポイント、とりわけ価格・費用面を中心に考えてみたいと思います。

「初めての中古マンション購入・リノベを失敗しないためのポイント」シリーズは一話から順を追って解説していますので、ぜひ一話から読み進めていただき、理解を深めていただければと思います。

【1】新築/中古マンションそれぞれの特徴

(1)価格

広さ・立地などの条件を揃えて比較すると、中古マンションの方が比較的手頃な価格で購入できることが一般的です。

ただし、エリアや築年数、設備・仕様などの条件によって新築・中古マンションの価格差は異なりますので、注意が必要です。

例えば、都心の希少な立地にある中古マンションは、場合によっては新築マンションの価格(坪単価)を上回ることがあります。

以下の記事で、東京23区の新築/中古マンションの平均成約価格を比較しています。ぜひ、ご参照ください!

(2)購入時の諸費用

新築・中古いずれのマンション購入においても印紙税や登録免許税などの物件購入費用以外の諸費用が必要になります。

中古マンションの場合、物件探しを手助けしてくれる不動産仲介会社への仲介手数料が必要で、その金額は「売買価格×3%+6万円+消費税(売買価格が400万円以上の場合)」が上限となります。

一方の新築マンションは、大規模修繕費用の修繕積立基金の支払いが必要になります。金額は物件によって異なりますが、数十万円になることもあります。

諸費用の大まかな相場は、新築マンションの場合は物件価格の3%〜5%、中古マンションの場合は5%〜8%を目安となりますが、物件価格は新築マンションが高いことがほとんどなので、大きな金額差は生まれないことが一般的です。

(3)物件の探し方

suumoなどの不動産ポータルサイトを見ていただくと分かる通り、新築マンションは物件数が少ないのに対し、中古マンションは物件数が多いため、物件選びの選択肢が幅広いことが特徴です。

新築マンションの場合、住みたい駅やエリアに必ずしも候補となる物件を見つけられるわけではありませんので、ある程度広域で住まい探しを行う必要があります。

中古マンションは、都市部であれば一駅に数十から数百物件所在していることが通常ですので、エリアにこだわって住まい探しをされている方には検討しやすいはずです。

試しに、当社商圏の江東区深川エリアのおすすめ物件を以下のリンクからご覧ください。

江東区深川エリアのおすすめ物件はこちら!

ただし、初めての不動産購入で物件が多すぎて目利きができないという場合は、信頼できる不動産仲介会社の担当者にお任せしてしまうのも一つの方法です。

あらかじめ希望する条件・立地・広さ・価格などを伝えておけば、不動産のプロである担当者が条件に合った物件をピックアップしてくれますし、インターネットで公開していない物件情報を紹介してもらえる可能性もあります。

(4)その他

中古マンションは、販売中の住戸を実際に見ることができます。特に、眺望・日当たりに加えて、マンション全体の管理状況を自分の目で確かめられるのは大きな安心材料となるはずです。

共用部の清掃状況やルールに沿って利用されているかどうかを確認することができますし、掲示物などから理事会の運営状況なども大まかに把握することができるでしょう。

新築マンションは着工と販売を同時に開始することが多いため、モデルルームで室内の設備・仕様を確認して以降は間取図を見ながら想像で保管していくというケースが多いです。ただし新築マンションでも、完成済み物件の場合は実物をご自身で確認していただくことができます。

【2】まとめ

ここまで、新築/中古マンションの比較を通じて、物件選びのポイント、とりわけ価格・費用面を中心に考えてきました。

改めて振り返ると中古マンションのメリットが多くなってしまいましたが、新築マンションはなんと言っても設備・仕様が最新のものが導入されており、住まいの利便性という点では中古マンションよりも優れています。

しかし、当社でおすすめしている中古マンション+リノベーションであれば、購入した中古マンションをお客様が実現したいライフスタイルに合った間取り・設備を備えた住まいに生まれ変えさせることが可能です。

当社では、物件選びや資金計画はもとより、お客様のライフスタイル・ライフステージを通じて実現したい住まいの希望・夢をお伺いし、お客様の希望に合った物件・リノベーションプランニングをご提案させていただいております。

昨今では新築マンションの価格が高騰・高止まりしなかなか購入できない金額となっていますし、その影響は中古マンションにも波及しています。当社では随時セミナーや相談を行い、当社商圏の江東区の価格動向などの最新情報をご紹介しています。

お客様が実現したい住まいの理想・ご予算などについてお気軽にご相談ください!

【著者プロフィール】柴田 光治
株式会社トラストリー 代表取締役
リフォーム不動産深川studio|深川くらし相談所 代表

宅地建物取引士、2級FP技能士
不動産業界歴35年。大手不動産会社在籍中に執行役員として主に売買事業を統括し不動産流通に関わる。その後複数の会社役員を経て株式会社トラストリーを立ち上げ、地元密着型の不動産会社としてお客様に寄り添ったわかりやすい提案を身上とする。
https://note.com/k_shibata

ご相談はこちらから

関連記事

  1. 売却してもそのまま住み続けられる!? 最近よく耳にするリースバックとは?

  2. ホテリエだった20代女子が不動産会社に転職して初めて知った、不動産に関するあれこれ。 file.7

  3. 不動産売却を成功させるためのポイント「相場を知る」

  4. ウッドショック今後の見通しは?いつまで続く?詳しく解説します!②

  5. コロナ禍でも都心居住を検討されるお客さまが多い理由①「伸び悩むテレワーク導入率」

  6. 区民の90%が定住意向!江東区/深川が住みやすい理由とは?

  1. 価格高騰が続く中古マンション市況の現状を解説します!

    2021.11.29

  2. 初めての中古マンション購入・リノベを失敗しないためのポイント第…

    2021.11.25

  3. 深川江戸資料館前の人気パン屋さん< ブーランジェリーパンタレイ …

    2021.11.21

  4. 地元密着 相続全般の身近な相談窓口< 深川相続遺言相談所 >

    2021.11.13

  5. 初めての中古マンション購入・リノベを失敗しないためのポイント第…

    2021.11.13

  1. 深川に住みたい女#4 私が深川に住みたい理由その③

    2019.07.22

  2. 深川に住みたい女#1 prologue

    2019.06.30

  3. 深川に住みたい女#3 私が深川に住みたい理由その②

    2019.07.15

  4. のらくろード商店街

    深川に住みたい女#2 私が深川に住みたい理由その①

    2019.07.08

  5. 深川に住みたい女#5 私が深川に住みたい理由その④

    2019.07.29

公式Twitter