ホテリエだった20代女子が不動産会社に転職して初めて知った、不動産に関するあれこれ。 file.7

物件決定~購入まで。

何件か内覧をして、お気に入りの物件があったので申込み!
おめでとうございます!一安心ですね!

とはなりません。
私たちの立場からすると、むしろここからが本番という感じです。

せっかくお気に召していただけて購入の決断をされたのだから、無事にお引き渡しまで持っていきたい!
という炎が心の中で燃え上がるのです。
というのも、不思議なことに物件というものは、長い期間販売されていたにもかかわらず購入のお申し込みタイミングがかぶるという事態が多々起きます。本当に毎度毎度不思議で仕方ありません。

そんな中で、いかに条件や準備を整え契約までことを運ぶか。
頭の中では起こりえるアクシデントとそれの対処法を考えられるだけ考えながら売主様とやり取りをします。
これぞ仲介。って感じです。

お客様からしても、購入の申し込みをしてからは想像以上のスピーディーさでことが進んでいきます。
いざそうなった時に戸惑わないように、ここで流れをご紹介いたしますね。

①お申込み~ご契約

期間としては、最長1週間とお考えください。
例えば日曜日に内覧をして決断・お申し込みをした場合、事前審査を月曜日からスタートさせて、結果が出次第(火曜日・水曜日あたり)内定、次の土日に契約。という流れです。

そしてその間にご準備いただきたいものは『手付金』。
金額の相場は物件価格の5%ほどと言われており、これは現金でご用意いただかなくてはなりません。
ATMの場合は一日にお引出できる限度額が決まっているので、場合によっては用意するのに数日かかります。
ご契約までにご準備できるか、しっかり確認しましょう。

②ローンの本審査申込み

契約の後できるだけ早く行なっていただくのは住宅ローンの本審査申込み。
ここまでに具体的に金融機関を決められればいいので、事前審査の段階では決める必要がありません。
そしてこの時必要なものは役所で取得する書類関係。住民票や印鑑証明書、場合によっては課税証明書も必要な場合があります。
担当者がアナウンスいたします。

また、団体信用生命保険の申し込みもこの時行います。

③ローンのご契約

住宅ローンの本審査結果が出るのは審査開始から約1週間後。
無事に承認されたら、次はローンのご契約です。金融機関が開いている時間帯にその金融機関にて行います。所要時間は90分ほど。平日お仕事の場合は、その時間はお休みを取っていただかなくてはなりません。

④決済!

お疲れ様でした。最終ステージです。
この日も舞台は金融機関。概ね平日の午前中に行われます。
売主様、我々仲介、買主様、司法書士が集まって、融資の実行や各所へのお支払い(清算)、鍵のお引き渡しなどを行います。
この日に物件の登記が書き加えられ、所有者が変わります。もちろんお引越しも可能です。

ここまで来て、おめでとうございます!となるわけですね。
①~④まででかかる日数はだいたい1カ月から1カ月半。
お疲れ様でした!
次の記事↓

お問合わせ

個別相談会に参加する

関連記事

  1. 子育て環境と住まい探しのポイント第二話「安心安全の住まい」

  2. 不動産の視点から見た、東京・下町「深川」の街の魅力とは

  3. 『中古マンションを買ってリノベーション』を検討する際の注意点とは

  4. リフォームで実現するアフターコロナの快適住まい

  5. ホテリエだった20代女子が不動産会社に転職して初めて知った、不動産に関するあれこれ。 file.15

  6. ホテリエだった20代女子が不動産会社に転職して初めて知った、不動産に関するあれこれ。 file.8