中古マンションを買ってリノベーションを検討する時の注意点

最近では特に新築マンションにこだわらず、中古マンションを購入してリノベーションを検討される方が増えてきました。

さまざまなメディア等でリノベーションの施工例などが紹介されているので、「あんなお部屋に住んでみたい」「自分もこだわりのリノベーションをしたい」と思う方が増えているのは当然のことかと思います。

中古マンションを購入してリノベーションすることによって、納得度の高い暮らしを手に入れる。
そんなワクワクするようなことが出来るのもリノベーションの人気の理由のひとつと言えるでしょう。

中古マンションを購入するメリットは「中古マンションの購入をおすすめする4つの理由」で書いている通りですが、購入とあわせてリノベーションを検討している方へ、いくつかの注意点をお伝えしておきます。

リノベーションのこだわりを整理しよう

メディアに掲載されるリノベーションされた室内の写真は、どれもこだわりがあって素晴らしいお部屋ばかりです。

もちろん予算をかければ誰もが羨むような室内に出来るのがリノベーションの魅力でもありますが、そこは中古マンションの購入金額と併せると高額なお買い物になりますので、冷静な判断と決断が必要です。

一昔前までは、リノベーション費用は住宅ローンに組み入れることが出来ず、金利の高いリフォームローンを別に組む必要があったのですが、現在ではリフォーム(リノベーション)費用も住宅ローンに組み入れることができて、しかも金利が安いこともあって、ついつい背伸びした判断をしがちです。
そこはしっかりとした返済計画を立てたうえで、少し冷静に判断をする必要があります。

リノベーションの費用は、水回りのグレードをアップしたり、デザインにこだわりだすと、あっという間に金額が嵩んでしまいます。
物件探しと同様に、こだわる部分の優先順位を整理していかないと、物件価格との総予算がオーバーしてしまい振り出しに戻ってしまう事も。そんなことの繰り返しで、なかなか購入に踏み切れない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

現在所有しているご自宅をリノベーションするのと違って、購入とリノベーションをセットで考える場合には、物件の状況によってリノベーションの費用も変わってくるので、専門家の意見を聞きながら優先順位を整理していきましょう。

購入からリノベーションまでワンストップで提案できる会社を選ぶ

中古マンションの購入からリノベーションまでは、さまざまなハードルをクリアしていかなければいけませんので、会社選びも重要となってきます。

昨今では空前のリノベーションブームによって、中古物件の購入からリノベーションまでをワンストップで提案する会社も増えてきました。
物件探しは不動産仲介会社、リノベーションは工務店やリフォーム会社、などと分けて考えると、人気のエリアではスピード感に欠けてしまい、せっかく買いたいと思った物件が見つかっても、買い逃してしまう可能性もあります。

その点、物件探しからリノベーションまでをワンストップで提案できる会社ですと、物件ご案内時にリノベーションのおおまかな予算を提示して住宅ローンの事前審査用の見積書の提示までスムーズに進むため、優良物件を申し込むまでのスピードが速まります。
もちろん、それぞれの専門会社に頼むメリットもあるので、一概には言えないのですが、これを機にワンストップで提案できる会社も検討の範囲に加えて相談してみると良いでしょう。

会社の特徴を見極めよう

物件選びやリノベーションに関するこだわりが整理出来たら、物件の購入からリノベーションまでをワンストップで提案できる会社にいくつか相談してみましょう。

ワンストップ会社の中でもそれぞれに特徴があります。
大きく3つに分けるとすると、

  1. 不動産仲介事業がメイン
  2. リノベーション工事がメイン
  3. どちらもメインとして扱っている

最初のうちはいろんな会社に行ってみて、それぞれの会社の特徴を聞いてみるのが良いのです。

意外と③の会社は少ないはずなのですが、担当の方に「どちらも得意です!」なんて言われると判断に迷ってしまいますよね。
それぞれの会社には必ず得意分野があるはずですので、しっかりとヒアリングしてみましょう。

それでも迷ってしまう方にとっては簡単に言ってしまうと、リノベーションのデザインなどにこだわりを持っている方は②の会社を、そんなにこだわりが無ければ①の会社を選んでみるのが良いでしょう。

特にリノベーションデザインを重視する方にとっては、その会社の施工例やデザインは重要な要素となってきます。
デザインは設計士のセンスの部分もあるので、自分たちにあったテイストを実現できそうなリノベーション工事会社選びは大事になってくるのだと思います。

デメリットとしては、デザインを重視すると金額が高くなりがちということ。
リノベーション工事がメインの会社の場合、不動産の価格よりもリノベーション工事金額を重視したいので、過剰な提案をしがちです。
会社によっては、金額の安い工事は請け負わないこともありますし、そもそもの工事単価が高いこともあるので注意が必要です。

これだけはやってはいけない最大の注意点とは

一番やってはいけないことは、総予算のうちのリノベーション工事金額が嵩んでしまい、大事な資産であるはずの購入物件を妥協し過ぎてしまうことです。

もちろん資金的に余裕のある方は、とことんリノベーションにこだわるのも良いのですが、一番の優先順位であるはずの総予算金額の中で、リノベーションにウェイトをおいてしまうと、物件選びのハードルを下げざるを得ません。

駅からの距離であったり、築年数や広さであったり。
それでなくても都心に近い物件は高額になっているので、購入したいエリアを変更せざるを得ないことも。

もちろん少しは妥協していかないとなかなか購入できないものなのですが、これでは本末転倒ですよね。
無理をし過ぎて住宅ローンに縛られてしまったり、通勤時間が長く体力的にきつくなることだって考えられます。
購入後に何が起こるかなんて誰も予測出来ないものです。

将来的な売却のしやすさも重要な要素ですので、リノベーションの素晴らしい施工例の写真に目を奪われて、予算オーバーになってしまったり、物件を妥協し過ぎないようにしてください。
特にこだわったデザインリノベーションは、逆に売りづらくなってしまう事もありますので注意が必要です。

そもそもリノベーションにこだわりのない方は、①の不動産事業をメインとしているワンストップ会社の方がスムーズです。
大事な資産である物件について、不動産のプロとしての意見を交えながらアドバイスをしてくれるので安心です。

そもそもがリノベーションの請負金額にウェイトをおいていないので、コストダウンの提案や考え方の整理など、購入に向けたアドバイスをしてくれるでしょう。
特に購入したい希望エリアが決まっている方は、やはり地元に精通したワンストップ会社がベストではないでしょうか。

あとがき

リノベーションは依頼する会社によって工事金額に開きがあるので、やはりいろんな会社の話を聞いてみるのが大事です。
会社によっては、さまざまな分野のセミナーや個別相談会などを行っていて、もちろんメールや電話でも気軽に相談に乗ってくれます。

その会社の特徴はもちろんのこと、担当者との相性もあると思いますので、物件探しの前にまずは何社かのお話を聞いてみることからトライしてみてください。

リフォームのご相談

【プロフィール】柴田光治
株式会社トラストリー 代表取締役、リフォーム不動産深川studio 代表、深川くらし相談所 所長
宅地建物取引士、2級ファイナンシャルプランニング技能士、公認 不動産コンサルティングマスター
一般社団法人不動産エージェント協会 既存住宅流通活性化副委員長
不動産業界歴33年。大手不動産会社在籍中に執行役員として、主に売買事業を統括し、主に不動産流通に関わる。その後に数社の会社役員を歴任後50代で今の会社を立ち上げ、地域密着型の不動産会社としてお客様に寄り添ったわかりやすい提案を身上とする。

 

関連記事

  1. 不動産を「購入するリスク」と「購入しないリスク」

  2. 住まい探しをする前に行う大事な5つのステップとは

  3. ホテリエだった20代女子が不動産会社に転職して初めて知った、不動産に関するあれこれ。 file.12

  4. 人生100年時代に向けた “深川くらし的” 不動産相談会

  5. ホテリエだった20代女子が不動産会社に転職して初めて知った、不動産に関するあれこれ。 file.6

  6. ホテリエだった20代女子が不動産会社に転職して初めて知った、不動産に関するあれこれ。 file.5